「今月の副業売上はゼロ。以前は月に50万円稼いだのに…。」「会社を辞めたいけど、この副業が定期的に収入を得れるかわからないから一歩踏み出せない…。」

副業に挑戦しているあなたなら、1度や2度は会社勤めより大きな収入を得る事が出来たかもしれません。けれど、「ずっと続くか分からないから、会社を辞める勇気がない」と悩んでいませんか?

その不安は誰にでもあることで、副業や起業で一番のリスクともいえますね。「稼いでいる人」がこの先に、「稼いでいた人」と過去の人に変わっていくことは珍しくない。むしろそんな一発屋さんがほとんどです。

ずっと稼ぎ続けてこそ、副業、起業が成功と言えるでしょう。では、稼ぎ続けるには何をすれば良いのか?

それは、手に職をつける。商品を「売る」スキル・技術を身に付けることです。

手に職をつけるならライティング

どんなに素晴らしい商品を持っていても、完璧な接客や顧客サポートができていても、商品を売る事ができなければ、すべて無駄だからです。

ですが、試作段階のまだ改良できそうな商品で、イマイチな顧客サポートしかできなくても、商品が売れてお金が入ってくれば、そのお金で商品を改善したり、優秀な人に外注して顧客サポートを強化したり、たくさんの問題を解決できるのです。

商品が売れれば、あなたの収入も確保できますよね。つまり、副業・起業の全ては「商品が売れるか」にかかっているのです。当たり前の事といえば、当たり前すぎるんですが。(;^_^A

そうは言っても、「売る」「セールス」という言葉を聞いて、あなたは「とっても楽しそう♬やりたーい(^O^)」との気持ちはなかなか湧いてこないかもしれません。

どちらかというと、「営業マン」「セールスマン」に、良い印象を持っている人は少ないかもしれませんね。

でも!大丈夫!(^_-)-☆

私もセールスには抵抗がありました。興味を持ってくれそうな人を探し出し、頭を下げて「この商品どうですか?」とお願いする、喰らいつくイメージ。

見込み客のほとんどの人は「必要ないです。」と素っ気ない態度。ようやく興味を持ってくれた人がいても、商品説明をあれこれした後、最終的には「やっぱり、今は要らないかなぁ。」との返事。あの商品説明のやりとりの時間は何だったの(T_T)、との無力感が押しよせる。

「あぁ今日も売れなかった…。断られた…。」と、自分の人格否定・存在否定されたような感覚に陥って、落ち込んで行く負のループ。

そんな辛い嫌なイメージがあってもおかしくないのです。

ライティングスキルを身に付けてお仕事を楽しもう

楽しくない事を続けるほど、辛いものはありません。稼ぎ続けられなければ成功できないのがお仕事です。冒頭でお話した、「稼いでいる人」は売れ続けています。

私は売る方法の中で、セールスコピーを選びました。書いた文章をホームページにアップする。そしてそのページを読んだ人が商品を買ってくだされば、直接お客様と会う事もありません。

インターネットは24時間365日いつでも見れるので、一度セールスコピーをホームページにアップすれば勝手に営業してくれる優秀なセールスマンと言えるでしょう。

インターネットが無い世界が考えられない今の時代は、セールスコピーの需要は高まるばかり。

セールスコピーは、自分の商品を売るのは勿論、他人の商品を売る事もできます。あなたが、自分の商品を持っていないなら、他人・他社の商品を売って、報酬を得る事も可能です。

あなたも是非、「一生稼ぎ続ける事の出来るスキル」セールスコピーを学んでみてくださいね。(^_-)-☆