このページを読んでいただき、ありがとうございます♬そしておめでとうございます♬(^_-)-☆

なぜ、「おめでとう」と言われるのか、不思議に思うでしょうか?それは「ライティングの素晴らしさ」をこれからお伝えしていくからです。

セールスライティングに興味を持ち、学んでいこうかと考えているなら、それは本当に価値あるものだと全力でお伝えします!

まず最初にお聞きしますが、今のあなたは売ること・セールスは好きですか?嫌いですか?

売ることは好きですか?嫌いですか?

セールスは、するのもされるのも嫌い、迷惑というイメージがありませんか。けど、それは間違いなんですよね。ある商品やサービスを必要な方に届けるということは、その商品を買った人は、今までなかったモノ・コトが手に入りとっても喜ぶはずなのです。本来なら…。(笑)

そう。世の中にはびこる「売ること・セールス」は、「これすごく良いから買ってみて!」「お客様にぴったりですよ!」と、その商品が必要のない人にまで売るから、迷惑がられるのです。

敏腕セールスマンなら、いろんなテクニックを使って、「これって必要だなぁ。欲しいなぁ。」と私たちの心を揺さぶってくる。あなたも、気づけばつい買ってしまったという経験もあるかもしれないですよね。

数日たって我に返ると「なんで、この商品買ったんだろ…。」とか??(笑)

と、売る行為に対して、悪い事とお伝えしているようですが。(;^_^A

いいえ!売ることは、その商品やサービスを提供して、お客様の問題解決につながる、とても素晴らしいことと、再度申し上げておきます。なので、あなたの心の中に、売ることが嫌いという気持ちがあるなら、それを取り払ってほしいです。

売ることを嫌いにならないで

それに、売ることが嫌いだとしたら、せっかく作った商品はどうなるでしょうか?

起業を夢見る方の中には、「良い商品を作っていれば、いつかお客さんが買ってくれて、クチコミでお友達にも広がって、繁盛する」と考える人もいます。実際そうなるケースもありますが、そう簡単にはいきません。

たとえば、あなたが手作りのとても良い商品を売ろうと考えたとします。一つ一つ丁寧に作りあげた、かばん、アクセサリーなど、商品としては素晴らしい出来です。けれど、売れない。となると、どうしようか考えて値段を下げてみる。

やっと売れたとしても、原価や手間暇より安すぎる金額です。商品を作れば作るほど時間がかかり、売れば売るほど赤字になる。悲しい結末ですよね。

世の中には売れていないけれど、良い商品・素晴らしい商品はたくさんあるんです。けれど売るという行為をやりたくない人も居ます。苦手意識をもっていたり、自分にはできないと考えたり。

ライティングを楽しんで身に付けよう

せっかくの良い商品、皆さんに使ってもらいたい商品は、どんどん売っていきましょう。その商品を必要としてるお客様がいます。使ってみて笑顔になってくれたら、提供するあなたもとても楽しいですよね。

売り方が分からない…。それなら、しっかりとライティングを学んで、ライティングを楽しいと感じてくださいね。セールスライティングはとても価値ある素晴らしいスキルですから。(^_-)-☆